発生しやすい鍵トラブルBEST5

住宅模型
no.1

鍵をどこかに紛失

鍵のトラブルで多いのが、どこかに紛失してしまうことです。小さな鍵はふとしたことで落としてしまうし、いつも持ち歩いているからどこかになくしてしまうことが少なくありません。鍵を紛失するとつい焦ってしまいますが、まずは落ち着いて心当たりのある場所を探してみましょう。それでも見つからなければ鍵屋を呼ぶと良いです。

no.2

鍵が壊れてしまった

玄関の鍵を開けようとしたら、回らない・ささらない・開けられないなどのトラブルに遭遇することがあります。それは手持ちの鍵が壊れている可能性があります。壊れた鍵で無理やり開けようとしても、開かないばかりかかえってトラブルを大きくしてしまうので注意が必要です。

no.3

ダイヤルのナンバーを忘れてしまった

スーツケースやロッカーに、ダイヤル式の鍵を使用している人は少なくありません。しかしながら、ふとしたことでダイヤルのナンバーを忘れてしまうことがあります。1つずつダイヤルを合わせてみるのも良いですが、それだとかなりの時間を必要とします。急ぎであれば業者に依頼した方が早く解決します。

no.4

自動車の鍵をインロックしてしまった

自動車の中に鍵を残したまま施錠してしまうインロックも、鍵トラブルとしてよくある事例です。もし手元に針金があれば、Jの字に曲げて窓の隙間から突っ込んでアンロックすることもできます。しかし窓の隙間が空いていなければ対処が難しいので、鍵屋を呼んで解錠してもらうと良いです。

no.5

防犯性の高い鍵に交換したい

近年は空き巣の被害が増えていることから、トラブル防止に防犯性の高い鍵と交換する人が少なくありません。現在は指紋錠や電気錠など、鍵穴から開けることができない種類の鍵も開発されています。玄関や窓の防犯対策には、最新の技術を用いた鍵を使用することがおすすめです。

トラブルを防ぐために大事なコト【鍵屋の探し方とは】

南京錠を持つ人

鍵屋を探す時は慎重に

鍵の紛失や破損など鍵トラブルに遭遇するケースは多く、鍵屋を調べて依頼することがあります。ただ電話帳やインターネットにはたくさんの鍵屋の情報があり、どこを選んでよいか迷ってしまうこともあるでしょう。鍵屋は慎重に見つけた方が良いですが、探し方には3つのポイントがあります。第1は料金の比較です。作業費だけでなく、出張費やキャンセル費なども比較すると良いです。第2は保証です。特にアフターケアは大切なので、アフターサービスの有無を確認しましょう。第3は会社の情報です。余計なトラブルに巻き込まれないためにも、きちんとした鍵屋に依頼しましょう。会社名・住所・従業員数など会社の情報が公開されているか確認することをおすすめします。

鍵を紛失したなら専門業者に即相談☆